取扱業務

交通事故

日々の生活の中で、突如、交通事故に遭われた場合、これまでの生活が一変し、肉体的のみならず精神的にも大変苦労されることがあるかと思います。そのような中、補償の事まで考える余裕がないかもしれませんが、きちんとした補償を受けるためには、事故直後から適切な対応とることが必要です。

交通事故の発生

交通事故発生直後の対応としては、事故の大小にかかわらず、まず警察に通報しましょう。警察に通報していないと、事故証明が発行されず、保険金が支払われない場合があります。

事故後の対応

ご自身が加入されている保険会社に、事故の発生を通知しましょう。また、警察に備え付けの申込用紙を使用して、自動車安全運転センターに交通事故証明書を請求しましょう。

治療

怪我をしたり、痛みがあったりする場合は、例え忙しくても、病院に行きましょう。きちんと入通院していたかは損害賠償(入通院慰謝料)の金額に影響してきます。また、通院の交通費等は領収書をとっておきましょう。

治療費・休業損害の打ち切り

まだ治療が継続している段階で、保険会社が治療費の打ち切りを通告してくることがあります。そのような場合、法律の専門家である弁護士が保険会社と交渉することで、保険会社の対応が変わることもあります。このような場合、是非とも弁護士に相談しましょう。

後遺障害

治療を続けてきたが、これ以上治療しても良くならない状態を「症状固定」といいます。「症状固定」後は、治療費が打ち切られ、後遺症(後遺障害)の等級を認定してもらって、損害の補償を受けることとなります。後遺障害の等級認定は損害賠償(後遺障害慰謝料、逸失利益)の金額に大きく影響を与えます。是非とも法律の専門家である弁護士に相談しましょう。

示談交渉・訴訟

弁護士が介入する前の保険会社からの示談金の提示額は、裁判基準よりも低額であることが一般的です。保険会社から示談金の提示を受けた場合、弁護士に依頼することで示談金が増額される可能性が十分ありますので、是非とも弁護士の相談しましょう。

※ 交通事故に遭われた場合、きちんとした補償を受けるためにも早めに法律の専門家である弁護士に相談されることをお勧めします。当事務所は、初回、法律相談料無料ですので、お気軽にご相談下さい。

ページの先頭へ戻る