取扱業務

医療・社会福祉問題

人間が健康で幸せに生きていく中で、医療や介護は必ず関わりをもつ事項です。当事務所は、医療機関や介護事業者のコンプライアンス確立を支援し、トラブルを予防し、よりよい医療・福祉サービスの提供ができるよう、各種相談や訴訟対応のほか、セミナー・講演・執筆などを行っています。また、患者側・利用者側で、医療事故や介護事故にあわれた方々についての相談も受けております。事案の解決には医療・福祉の専門家や公的機関と連携し、スムーズな解決を図れる体制を整えておりますので、是非ご相談ください。

医療機関の方々へ

医療機関のコンプライアンスにおいて、最大の課題が、医療事故・医療過誤の防止です。予防法務の観点から、医療機関全体で事故発生防止に向けたあらゆる取り組みを行うことはもちろん、万が一、事故が起きた場合の原因究明や再発防止、法律上の責任について、体制を整備することが重要です。医療機関の個人情報保護対策、クレーマー対策、監督官庁対策などのリスク・マネージメントは、医療機関の信用を高めるため、ますます重要になってきています。病院・診療所・薬局などあらゆる医療機関が安全で質の高い医療を提供できる体制を支援し、患者様が安心して利用できるような医療を実現できるよう、当事務所では、各種相談・訴訟対応・講演会・セミナーなどを通じて法的にサポートしますので、是非ご相談ください。

介護サービス事業者の方々へ

超高齢化社会を迎え、介護保険法の導入により、利用者と事業者との間で契約関係が生じ、あらゆる法的問題が発生しています。介護事故の防止の観点から、介護サービス事業者のコンプライアンスにおいても、事故発生防止への取り組みを行うことはもちろん、事故が起きた場合の原因究明や再発防止、法律上の責任についての体制整備が重要です。当事務所では、介護事故以外にも利用者との間でのサービス内容をめぐるトラブルへの法的な対処のほか、介護職員の労務問題への対応など、事業者として対応すべき法律問題についてご相談に応じるほか、事業所の職員の方々対象のセミナーや講演や相談会も実施します。また、高齢の利用者の財産管理の問題、成年後見の利用などについても、個別の相談やセミナーで対応しますので、ご相談ください。

患者様・介護サービス利用者やご家族の方々へ

医療事故で被害を受けて悩んでおられる患者様について、当事務所では、医療機関との交渉、証拠保全、訴訟などの対応を行いますので、ご相談ください。

介護サービスを利用されているご本人やご家族の方で、事業者との間でのトラブルでお困りの方、介護事故で被害を受けた方、今後の財産管理に不安がある方などについて、当事務所では、事業者との交渉、訴訟対応や、成年後見申立などの手続きを行いますので、ご相談ください。

ページの先頭へ戻る