取扱業務

債務整理

皆様方の中には、お金を借り入れして返済していたところ、月々の返済が苦しくなり、他の貸金業者から新にお金の借り入れを行い返済する。これを繰り返すうちに借金がどんどん膨らんでしまい、多重債務に陥り、月々の返済が困難になってしまい、どうしようか悩んでいらっしゃる方がいるかもしれません。

以下では債務整理の種類について簡単にご説明いたします。

任意整理

任意整理は、裁判所を利用せずに債権者と和解交渉を行い、現在ある借金の総額を減らし残った借金を今後無利息にて返済できるようにする手続きです。

また、長年返済を続けてきた方の場合には、過払金が発生している場合があり、払いすぎた利息が戻ってくることもあります。

民事再生

裁判所に申し立てをして債務額を大幅に減額のうえ、3年~5年で返済する手続きです。

民事再生手続をとれば、破産手続とは異なり、住宅などの財産を手放さずに返済することも可能です。

破産

裁判所に申し立てをして、ご自身の資産と負債を清算する手続きです。
破産手続をとれば、住宅などの資産は手放すことになりますが、免責手続きを経ることによって、借金をすべて免除してもらうことが可能です。

どのような手続きをとればよいかは、資産額、負債額、返済可能性など様々な事情を考慮して判断されますので、早期に法律の専門家である弁護士に相談されることをお勧めします。

ページの先頭へ戻る